札幌市交通局,1100形の愛称は「シリウス」に

札幌市交通局,1100形を報道陣に公開

札幌市交通局では,新形低床車両1100形の愛称を「シリウス」に決定したと発表した.
 これは2018(平成30)年9月に開催された「2018市電フェスティバル」会場において,交通局が作成した愛称案3案(シリウス・ポラジロー・ミニリス)の中から,来場者による投票を実施.投票数1187票のうち「シリウス」が511票を獲得し,愛称が決定した.
 「シリウス」の命名理由は,A1200形の車両愛称である「ポラリス」と同じく,星の名前(おおいぬ座の星)で,太陽を除けば地球から見える最も明るい恒星であることから,街中をさっそうと走る姿と,明るい都市=札幌をイメージしたとのこと.

写真:札幌市交通局1100形  加藤 勝撮影  札幌市交通局電車事業所にて  2018-8-30(取材協力:札幌市交通局)

2018年9月29日掲載