大阪モノレール3000系が日中に試運転

大阪モノレール3000系が日中に試運転

大阪モノレール(大阪高速鉄道)では,新形車両3000系の試運転が,2018(平成30)年9月19日(水)から,日中に行なわれています.
 この試運転は,万博車両基地を出庫し,本線の万博記念公園—千里中央間を1往復し,その後は,彩都線の万博記念公園—彩都西間を数往復して,万博車両基地へ入庫するという経路で行なわれています.駅では一旦停止し,運転士が車両の性能確認やホームでの停止状況などを念入りに確認していることから,車両の性能確認および,乗務員のハンドル訓練を目的としたものと思われます.なお,行先表示器は「回送」表示となっています.
 3000系は,大阪モノレールでは17年ぶりの新形車両で,2018(平成30)年7月11日(水)に,万博車両基地に搬入後,各種調整や夜間試運転などが行なわれてきました.今後,10月12日(金)には,万博記念公園—大阪空港間において,報道機関向け試乗会が,そして10月13日(土)には,万博記念公園—大阪空港間において,一般向け試乗会が行なわれたあと,10月21日(日)から営業運転を開始する予定です.

写真:山田にて 2018-9-25
投稿:井上 遼一