E501系の運用範囲が広がる

E501系の運用範囲が広がる

JR東日本では,勝田車両センター所属のE501系5両編成が,2018(平成30)年9月5日(水)から,常磐線富岡駅まで運用されるようになりました.E501系は水戸線内を中心に運用されてきましたが,水戸線内で車両故障が頻発したため,水戸線内でのE501系の運用をE531系が代走するなど運用変更が生じており,その影響でE501系が富岡駅までの運用に入るようになったものと思われます.

写真:富岡にて 2018-9-10

掲載