東急,渋谷ストリームと渋谷ブリッジを公開

東急,渋谷ストリームと渋谷ブリッジを公開

東京急行電鉄は,2018(平成30)年9月13日に開業する複合施設渋谷ストリームと渋谷ブリッジを公開した.東横線の旧渋谷駅および高架線の跡地を再開発しており,旧渋谷駅を出た位置にある渋谷ストリームは,2階商業ゾーンの床にその痕跡をレールで示したほか,国道246号線横断デッキには,かまぼこ屋根を再現している(写真上).

渋谷ストリーム2階.床面には旧東横線の線路跡をイメージしたレールが埋め込まれている.奥が渋谷駅

渋谷ストリーム2階.床面には旧東横線の線路跡をイメージしたレールが埋め込まれている.奥が渋谷駅

渋谷ブリッジA棟の通路.写真左の数字は渋谷駅から数えた高架橋の支柱の順番を示したもの.

渋谷ブリッジA棟の通路.写真左の数字は渋谷駅から数えた高架橋の支柱の順番を示したもの.

 現東横線の地下駅からは,16b出口が近い.地上35階地下4階の建物のなかで,9階から13階には渋谷ストリームエクセルホテル東急の客室が入り,渋谷駅や高架線跡など壮観な眺めを楽しめる.

渋谷ストリーム2階通路の先端(金王橋付近)から見た渋谷川沿いの遊歩道.写真下は高架橋の支柱を残し,鉄骨とレールで作られたオブジェ.

渋谷ストリーム2階通路の先端(金王橋付近)から見た渋谷川沿いの遊歩道.写真下は高架橋の支柱を残し,鉄骨とレールで作られたオブジェ.

渋谷ブリッジB棟 オフィス「Train Train Train」1階のカフェ「NO RAILS, NO RULES.」.奥にJR線が見える.

渋谷ブリッジB棟 オフィス「Train Train Train」1階のカフェ「NO RAILS, NO RULES.」.奥にJR線が見える.

 渋谷川に沿った高架線跡地は遊歩道として整備し,かつての高架橋を連想させるモニュメントも設置.JR線をまたぐ手前のR160カーブには渋谷ブリッジが建ち,保育所が入ったA棟と,店舗やホテル,事務所が入ったB棟で構成される.

(取材:大沼一英)

掲載

鉄道ファン2018年11月号