『熊野大花火大会』にともなう臨時列車運転

『熊野大花火大会』にともなう臨時列車運転

JR東海では,三重県熊野市で2018(平成30)年8月17日(金)に開催された『熊野大花火大会』にともない定期列車の増結,臨時特急列車・臨時快速列車の運転が行なわれました.
 特急列車では“ワイドビュー南紀”号が増発され,亀山・多気からの臨時快速列車が運転されました.この多客輸送で美濃太田車両区からキハ25形P108編成,M4編成を借り入れて臨時快速列車,臨時普通列車に充当しました.
 多気9:12発と14:49発の臨時快速列車の熊野市行きには亀山方から美濃太田車両区のキハ25P108編成+名古屋車両区のM101編成を組み合わせた4両編成(写真)が充当され,ふだんは見ることができない臨時快速の表示を出して運転されました.

写真:三瀬谷にて 2018-8-17

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)