トーマスとなかまたちをデザインしたラッピングバスが登場

トーマスとなかまたちをデザインしたラッピングバスが登場

大井川鐵道の子会社でバス・タクシー・旅行事業を展開する大鉄アドバンスでは,2018(平成30)年8月から,稼働中の大形観光バスに「きかんしゃトーマス号となかまたち」のラッピングを施し運転を開始した.
 大井川鐵道では,2014(平成26)年の「きかんしゃトーマス号」の運転後,年々仲間たちが増えているが,大形観光バスにトーマスとなかまたちをデザインした車両はなく,「きかんしゃトーマス号」運転開始5年目を記念し,大形観光バス部門からもトーマスワールドを盛り上げる企画として,今回ラッピングバス2台の運転を開始するもの.
 ラッピング対象のバスは,三菱ふそうトラック・バス製の大形観光バス2台(定員55名,補助席を含む)で,大井川鐵道で活躍する「きかんしゃトーマス号,ジェームス号となかまたち」のようすをデザインした.
 運用はおもに,浜松駅・静岡駅始発の「きかんしゃトーマス号とSL整備工場見学ツアー」時の貸切バスに使用し,大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号,ジェームス号となかまたち」にふれあう前後の時間でもトーマスワールドにひたることができる.また,「きかんしゃトーマス号」などの運転時期以外でも幼稚園の遠足時などに2台の貸切バスとしての利用が可能なほか,希望により一般団体やツアー団体の利用できる.
 なおラッピング期間は,2020年8月までの予定.

写真提供:大井川鐵道

© 2018 Gullane [Thomas] Limited.

掲載

鉄道ファン2019年2月号