“しおかぜ”8号・5号を2000系が代走

“しおかぜ”8号・5号を2000系が代走

JR四国では,2018(平成30)年8月5日(日),予讃線を走る特急“しおかぜ”・“いしづち”のうち,8号と5号において2000系による代走運用が行なわれました.
 本来は8000系と8600系での運用になりますが,7月前半に発生した大雨による災害で本山—観音寺間が不通になり,西側からは観音寺での折返し運用となっており,車両の検査タイミングも重なったことから代走になったものと思われます.予讃線の本山—観音寺間は,8月9日(木)から運転が再開される予定で,2000系での代走運用は最後になる見込みです.

写真:豊浜—観音寺間にて 2018-8-5

掲載

鉄道ファン2018年10月号