筑豊電鉄で,西鉄「アイスグリーン」カラーの3000形が営業運転を開始

筑豊電鉄で,西鉄「アイスグリーン」カラーの3000形が営業運転を開始

筑豊電気鉄道では,親会社である西日本鉄道(西鉄)が2018年で会社創立110周年を迎えることを記念して,西鉄天神大牟田線5000形・6000形・6050形・7000形・7050形のボディーカラーである「アイスグリーン」の塗装を,3000形3004号車に施して,2018(平成30)年8月2日(木)から営業運転を開始しました.
 車体腰部にはボンレッドの帯も巻かれ,側面には筑鉄の社紋とともに「Nishitetsu Group」のロゴが入れられており,連結面寄りの側窓にはアイスグリーン塗装を告知する大形ステッカーが張られています.
 この塗装での運転は,次回車両検査までの約3年間の予定となっています.

写真:通谷—西山間にて 2018-8-2

掲載

鉄道ファン2018年11月号

鉄道ファン2018年11月号(通巻691号)
発売日:2018年9月21日
定価(本体1046円+税)