東京メトロ,視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」の実証実験を実施

東京メトロ,視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」の実証実験を実施

東京地下鉄(東京メトロ)では,プログレス・テクノロジーズと共同で,視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」を活用した実証実験を開始すると発表した.
 これは,東京メトロのオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」で,東京メトロアクセラレーター賞を受賞した,プログレス・テクノロジーズの「東京をすべての人々にとって安全でやさしい街にする」という提案の実現に向けた第一歩として実施するもの.
 「shikAI」は,駅構内の点字ブロックに表示したQRコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで,現在地から目的地までの正確な移動ルートを導き出し,音声で目的地まで案内する.各QRコードには正確な位置情報が紐づけられており,視覚障がい者の方が迷うことなく,ホームから改札を通り出口まで向かうことを支援する.
 実験は,2018(平成30)年8月6日(月)から随時,有楽町線辰巳駅で実施する.視覚障がい者の方に,「shikAI」の案内で,ホームから改札そして出口に向かうルートと, 改札からホームに向かうルートの2通りのルートを移動してもらう.その後,システムの有用性を調査するアンケートなどを実施し,システムの有用性などを検討する.

写真:東京地下鉄(東京メトロ)のニュースリリースから

掲載