JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」,一部ルートを変更して運転再開

JR西日本 87系寝台気動車

JR西日本では,「平成30年7月豪雨」の影響で7月7日(土)出発分から運転を見合わせていた「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(87系寝台気動車)について,2018(平成30)年7月18日(水)出発分から一部コースを変更して運転を再開すると発表した.
 変更は,「山陽・山陰周遊コース(2泊3日)」として運転されているもので,1日目の立ち寄り観光を岡山から城崎温泉(山陰本線経由)に変更し,「山陰コース(2泊3日)」として運転する.城崎温泉出発後は車中泊(山陰本線浜田で折り返し)とし,2日目の宍道駅到着後は,従来の「山陽・山陰周遊コース(2泊3日)」と同一コースとなる.
 8月1日(水)出発分の「山陽下りコース(1泊2日)」については,「山陰下りコース(1泊2日)」に変更する.なお,7月21日(土)・28日(土)出発の「山陰下りコース(1泊2日)」,7月23日(月)・30日(月)出発の「山陰上りコース(1泊2日)」については,予定どおり運転する.これ以降の出発分の運転計画については,山陽本線の復旧状況により別途案内される.

写真:JR西日本87系寝台気動車  編集部撮影  網干総合車両所宮原支所にて  2017-2-24(取材協力:JR西日本)

※写真はイメージです.

掲載

鉄道ファン2019年1月号