近江鉄道で『近江ビア電』の運転開始

近江鉄道で『近江ビア電』の運転開始

近江鉄道では,2018(平成30)年7月12日(木)から,夏季限定のイベント電車『近江ビア電』の運転が開始されました.
 『近江ビア電』は,ビア電仕様の車内で,冷えた生ビールを飲むことができ,普段味わえない雰囲気を楽しめるといった人気から,1995(平成7)年から,毎年,夏季限定で運転されてきました.
 『近江ビア電』に使用されている車両は,毎年おなじみの,鉄道むすめ「豊郷あかね」のラッピングが施された800形807編成で,「近江ビア電」と書かれたヘッドマークが掲出されました.
 近江鉄道のビア電のヘッドマークは,毎年,デザインが変更されており,2018(平成30)年度は,2017(平成29)年度以前とは違うデザインの新規のものとなっています.  なお,運転経路と運転時刻は,日によって異なり,運転経路は彦根—八日市間の往復と,近江八幡—尼子間の往復と,八日市—近江八幡—尼子—八日市間の3種類があり,運転時刻も平日は遅い時間帯(19時ごろから21時ごろにかけて)(※八日市—近江八幡—尼子—八日市間は18時ごろから20時ごろにかけて),土曜日は平日より早い時間帯(16時ごろから18時ごろにかけて),日曜日は土曜日より早い時間帯(14時ごろから16時ごろにかけて)に設定されています.
 この『近江ビア電』は,2018(平成30)年7月12日(木)から2018(平成30)年7月29日(日)までの毎週水曜日から日曜日と,2018(平成30)年8月2日(木)から2018(平成30)年9月8日(土)までの毎週火曜日から日曜日(※2018(平成30)年8月6日(月)から2018(平成30)年8月16日(木)までの期間を除く)に運転される予定です.

写真:高宮—尼子間にて 2018-7-14

掲載

鉄道ファン2018年11月号

鉄道ファン2018年11月号(通巻691号)
発売日:2018年9月21日
定価(本体1046円+税)