大阪モノレール,3000系を導入

大阪モノレール,3000系を導入

大阪高速鉄道(大阪モノレール)は,新形車両3000系を導入すると発表した.
 3000系は,「やさしさ・おもてなし」「清潔感・開放感」「楽しさ」「チャレンジ」などをキーワードに,社員が利用客視点で考案し,誰もが使いやすいユーティリティ性を持たせた設計としている.
 外観デザインは,親しみやすい大きな丸みが特徴の先頭車と,編成全長にわたって大きな円弧を描いた斬新なアイデアを取り入れたもの.内装は,ゆったり座れる個別シートや,車間扉や荷棚にもガラスパーツを用い,明るく清潔感のあるものとする.また,眺望をより楽しめるよう大形化した開放的な窓を採用し,キッズスペースの設置や,空気清浄機の搭載も行なわれる.
 3000系は最初の1編成(4両)が,7月11日(水)から搬入され,2018(平成30)年秋から営業運転を開始する予定.今後,2021年度までの4年間で合計9編成が導入され,1000系を置き換える計画.

写真:大阪高速鉄道のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)