キハ185-5とキハ186-3の塗装が変更される

キハ185-5とキハ186-3の塗装が変更される

JR九州では,大分車両センターに所属するキハ185-5とキハ186-3が検査を終えて小倉総合車両センターから出場し,2018(平成30)年6月20日(水)に大分車両センターまで回送されました.
 これまで,久大本線の特急“ゆふ”で主に使用されていた2両ですが,今回の検査で塗装変更が行なわれ,787系や885系で見られる「AROUND THE KYUSHU」のロゴマークが配置され,“ゆふ”や,かつて運行された豊肥本線の特急“あそ”のロゴマークがなくなりました.
 6月22日(金)現在,特急“九州横断特急”用のキハ185-2ほか2両とともに大分車両センターに留置されており,運用には就いていないようです.
 今後,ほかの大分所属のキハ185系に波及するか注目されます.

写真:大分車両センターにて(牧駅ホームから撮影) 2018-6-22

掲載

鉄道ファン2018年9月号