伊豆箱根鉄道で「軌道線カラー」電車の運転開始

伊豆箱根鉄道で「軌道線カラー」電車の運転開始

伊豆箱根鉄道では,駿豆線開業120周年を記念して,3000系3501編成を緑色とクリーム色の軌道線カラーに塗装変更し,2018(平成30年)年6月12日(火)から営業運転を開始しました.
 軌道線は,1906(明治39)年から1963(昭和38)年まで三島六反田(現三島広小路駅付近)から沼津駅前までを結んでいた路面電車で,駿豆電気鉄道によって開業し,その後,富士水電を経て伊豆箱根鉄道の前身となる駿豆鉄道に譲渡され運営されていました.

写真:三島二日町—大場間にて 2018-6-13

掲載

鉄道ファン2018年10月号