名鉄,「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」を2021年度下期に開業

名鉄,「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」を2021年度下期に開業

名古屋鉄道は,インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG®)と提携し,2021年度下期をめどに「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」を開業すると発表した.

南東からのホテル全景(イメージ)

 本件は「名鉄犬山ホテル」の再開発として計画され,インディゴブランドのホテルとしては中部圏初の開業となる.客室数は150室とし,レストラン,ラウンジ,宴会場,スパ,フィットネスなどの付帯施設も設置される.また,建物は名古屋鉄道が所有し,IHG®の日本法人であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンとホテル運営委託契約を締結のうえ,同社が運営を行なう.
 「名鉄犬山ホテル」は,1965(昭和40)年に創業.犬山城に近接し,茶室「如庵」を敷地内に擁する2つの国宝に彩られる稀有な存在で,国内外からの利用も多い.名鉄では今回の再開発で,「ホテルインディゴ」のブランド力とノウハウを活用して,唯一無二の顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)を提供し,インバウンド需要をさらに積極的に取り込んでいくとしている.なお,「名鉄犬山ホテル」としての営業は,2019年8月末で終了する.

写真:いずれも名古屋鉄道提供(上:建物イメージ,下:南東から見たホテル全景のイメージ)

ご案内:名古屋鉄道ニュースリリース(PDFファイル)

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)