小田急,7月11日から70000形ロマンスカー「GSE」第2編成の営業運転を開始

小田急70000形「GSE」

小田急電鉄株式会社は,2018(平成30)年7月11日(水)から,70000形ロマンスカー「GSE」第2編成の営業運転を開始すると発表した.
 70000形「GSE」は,「箱根につづく時(とき)を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに開発した,眺望性や車内の居住性に優れた車両で,第1編成が2018(平成30)年3月17日から営業運転を開始している.なお,第2編成は,第1編成と同様の車内設備となる.
 この「GSE」第2編成の導入によって,展望席のあるロマンスカーは,70000形「GSE」2編成と50000形「VSE」2編成の体制となる.7000形「LSE」については,7月10日(火)に通常ダイヤでの営業運転を終了し,以降は臨時列車として運転したあと,2018(平成30)年度中に引退する予定.

写真:小田急70000形「GSE」  編集部撮影  大野総合車両所にて  2017-12-5(取材協力:小田急電鉄)

掲載

鉄道ファン2018年12月号