『鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア』開催

『鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア』開催

2018(平成30)年5月26日(土),毎年恒例となったJR東日本大宮総合車両センターとJR貨物大宮車両所の一般公開が,『鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア』の一環として行なわれました.

 今回は国鉄色化の進むJR貨物所有の電気機関車が注目を集める中,国鉄色化された愛知機関区所属のEF64 1023が高崎車両センター高崎支所所属のEF64 37およびDD51 842とともに屋外展示されたほか,同様に国鉄特急色化された新鶴見機関区所属のEF65 2074による車体吊り上げ・移動実演が注目を集めました.

『鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア』開催

 このほか,新潟車両センター所属の115系N34編成のクモハ115-1008を使用した車掌業務体験,仙台総合鉄道部所属のEH500-16の運転室公開,大宮総合車両センター東大宮センター所属の651系1000番台OM207編成による試運転線体験乗車などが行なわれ,親子連れや鉄道ファンで大盛況でした.

写真:大宮総合車両センター・大宮車両所にて 2018-5-26
清水 龍太郎

掲載

鉄道ファン2018年10月号

鉄道ファン2018年10月号(通巻690号)
発売日:2018年8月21日
定価(本体1046円+税)