西鉄3000形に110周年記念ラッピング

西鉄3000形に110周年記念ラッピング

西日本鉄道では,前身の九州電気軌道が1908(明治41)年に設立されてから,2018(平成30)年で110周年を迎えます.
 これを記念して,3000形6両(3015編成+3016編成)に,110周年記念のラッピングを施し,2018(平成30)年5月25日(金)から運転を始めました.車両の前後には特製のヘッドマークを掲出し,濃紺に塗装された車体側面には,天神大牟田線の全62駅の路線図が赤いラインで,ドア付近や内装には沿線の観光地や日常風景の写真などが描かれています.
 出発に先立ち,福岡(天神)駅では関係者が見送る中,出発式が行なわれ,11時30分発の大牟田行き特急から運用に入りました.この110周年記念ラッピング電車は12月下旬まで運転されます.

写真:井尻—大橋間にて 2018-5-25

掲載