東武,東上線ときわ台駅の駅舎をリニューアル

東武,東上線ときわ台駅の駅舎をリニューアル

東武鉄道ではリニューアル工事を進めていた東上線ときわ台駅の駅舎について,2018(平成30)年5月30日(水)から使用を開始すると発表した.
 駅舎は,木造・平屋建てで,同駅が開業した1935(昭和10)年ごろのデザインや,色使いを可能な限り再現.開業当時からある青色スペイン瓦の三角屋根や,大谷石の壁面を残したほか,特徴的な破風板は開業当初の色で塗り直しを実施した.また,改札口位置を開業当初の位置に移設するとともに,旅客用トイレを新設するなど増築を行なった.
 さらに,同駅舎および周辺に広がる常盤台住宅地の魅力を利用客に発信するため,駅舎の外壁を活用したギャラリースペース「武藏常盤小径(むさしときわこみち)」を新設.同ギャラリースペースでは,常盤台住宅地内の文化財などを紹介した計11面のパネルを設置する.今後は,同駅舎に隣接した商業ビルの工事が進められる.

写真:東武鉄道のニュースリリースから

掲載