東急,「渋谷ストリーム」および「渋谷代官山Rプロジェクト」の施設概要を発表

東京急行電鉄では,2018(平成30)年秋に開業予定の「渋谷ストリーム」および「渋谷代官山Rプロジェクト」について,それぞれの施設概要を発表した.

「渋谷ストリーム」広場と大階段のイメージ

画像:「渋谷ストリーム」広場と大階段のイメージ

「渋谷代官山Rプロジェクト」A棟イメージパース

画像:「渋谷代官山Rプロジェクト」A棟イメージパース

「渋谷代官山Rプロジェクト」B棟イメージパース

画像:「渋谷代官山Rプロジェクト」B棟イメージパース

 「渋谷ストリーム」は,東横線旧渋谷駅と地上区間線路跡地およびその周辺敷地に位置する大規模複合施設(地上35階,地下4階,高さ約180m).
 事業コンセプトを「クリエイティブワーカーの聖地」とし,オフィスや客室数177室のホテル,商業施設(約900坪)のほか,約700名を収容できるホールなどを備え,多様なワークスタイルを創造し,サポートする.また,官民連携のもと,清流復活水を活用した「壁泉」と呼ばれる水景施設を整備し,施設前に顔を出す渋谷川の水の流れを再生する.また,広場と約600m続く緑豊かな遊歩道も整備することで,にぎわいと潤いのある水辺空間とする.新たに渋谷川上空にできる2つの広場では,さまざまなイベントも開催できる.
 「渋谷代官山Rプロジェクト」は,東横線の地上区間が走っていた鉄道跡地を再生し,異文化・多世代をつなぐという思いから,プロジェクト名の「R」に「Rail-Road(鉄道),Reborn(再生),Relay(継ぐ)」の意味を込めている.
 施設は,待機児童対策や訪日外国人受け入れ,地域のニーズなどから保育所となるA棟(地上3階,高さ約12m)と,ホテル・事務所・店舗からなるB棟(地上7階,高さ約26m)の2棟で構成される.「渋谷ストリーム」や,渋谷川沿いの遊歩道から代官山方面へと賑わいをつなぎ,駅前とは異なる魅力を持つ多様な機能・用途を複合させ,高感度で多様な人々が集まる場所を創造することをめざす.
 東急では,「渋谷ストリーム」と「渋谷代官山Rプロジェクト」のPR事務局も開設し,今後も両施設のPR展開を行なう.

ご案内:東急電鉄 渋谷再開発情報サイト

掲載