キハ40 1779「道東 森の恵み」が配給輸送される

キハ40 1779「道東 森の恵み」が配給輸送される JR北海道では,釧路運輸車両所所属のキハ40 1779がこのほど,苗穂工場にて「道東 森の恵み」としてラッピングされ,2018(平成30)年4月24日(火)から25日(水)にかけて釧路まで配給輸送されました.
 キハ40 1779のラッピングは「北海道の恵み」シリーズのもので,旭川運転所所属のキハ40 1720「道北 流氷の恵み」に続いての登場となります.
 4月24日(火)は923Dに回送として併結されて函館本線を経て旭川へ,翌25日(水)は石北本線(上川—遠軽—網走間は営業列車として運転)・釧網本線を経て釧路運輸車両所へ配給輸送されました.石北線内では,キハ40 1720も連結され,キハ40 1779との併結走行シーンも見ることができました.

写真:桜岡—当麻間にて 2018-4-25

掲載