京成電鉄で「成田屋号」運転

京成電鉄で「成田屋号」運転

京成電鉄では,2018(平成30)年4月20日(金),成田山開基1080年祭を記念してAE形AE8編成を使用した「成田屋号」が京成上野—京成成田間で運転されました.
 往路は京成本線,復路は空港第2ビル・成田スカイアクセス線経由で運転され,先頭と最後尾には,隈取した歌舞伎役者をデザインしたヘッドマークが描かれており,側面にも同様のものが描かれていました.この列車には,成田山新勝寺との縁が深い市川海老蔵丈とご一行が乗車され,到着後,成田山新勝寺で歌舞伎を奉納されました.
 「成田屋号」は,前回,2008(平成20)年の成田山開基1070年祭時にAE100形で運転されて以来のもので,AE形での運転は,今回が初めてとなります.

写真:京成臼井—京成佐倉間にて 2018-4-20

掲載

鉄道ファン2018年11月号