えちぜん鉄道で『春のえちぜん満喫号』運転

えちぜん鉄道で『春のえちぜん満喫号』運転

えちぜん鉄道では,2018(平成30)年4月14日(土),勝山永平寺線で6101形MC6110を使用した『春のえちぜん満喫号』が運転されました(写真右).
沿線の絶景区間では時速15キロ以下の徐行運転で車窓を楽しみ,歴史的価値があると認められた駅舎群6ヵ所(松岡駅,志比堺駅,永平寺口駅,旧京都電灯古市変電所,勝山駅,勝山駅2番ホーム待合所)では,それぞれ10分から1時間列車を停車させて見学するもので,福井駅から勝山駅まで通常約55分で走るところ,片道約3時間かけてのんびり巡るものとなっています.
 同様の列車は5月5日(土祝)のほか,2018(平成30)年秋にも運転される予定です.

写真:永平寺口にて 2018-4-14

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)