もとHD604編成のモハユニットが後藤総合車両所構内で留置

もとHD604編成のモハユニットが後藤総合車両所構内で留置

JR西日本では,もと吹田総合車両所日根野支所所属で“くろしお”用だった,もとHD604編成のモハ381-28+モハ380-28,モハ381-50+モハ380-50のユニットが,2018(平成30)年2月にクモヤ145-1105けん引で,後藤総合車両所出雲支所から後藤まで回送されました.
 2018(平成30)年4月8日(日)現在,後藤総合車両所構内で,一部ユニットはバラされたままの状態で5両が留置されています(写真は手前からモハ380-50,モハ381-50,モハ381-28+モハ380-28,クハ381-504).2017(平成29)年に回送されたクハ381-504を含めて,解体作業は行なわれておらず,出雲支所にはパノラマグリーン車クロ380-3だけが残されており,今後の動向が注目されます.

写真:後藤にて(敷地外から撮影) 2018-4-8

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)