大阪市営地下鉄が民営化し大阪メトロに

大阪市営地下鉄が民営化し大阪メトロに

日本初の公営地下鉄として,1933(昭和8)年に梅田—心斎橋間で開業した大阪市営地下鉄は,2017(平成29)年の市議会において,2018(平成30)年3月31日(土)をもって85年の歴史に幕を閉じ,民営化されることが決まり,4月1日(日)から,地下鉄部門は大阪市高速電気軌道(愛称:大阪メトロ)に,バス部門は大阪メトロの子会社である,大阪シティバスにそれぞれ民営化されました.
 これにともない新会社初日の1日(日)に,御堂筋線のなかもず駅において,大阪メトロ開業記念出発式が行なわれ,大阪メトロのロゴマークが描かれたヘッドマークをつけた30000系31603ほか10連が,千里中央に向けて出発しました.
 なお,この新会社(大阪メトロ)のロゴマークが描かれたヘッドマークまたはシールを取り付けた編成が,各路線で1〜2編成程度運転されています.

写真:西中島南方にて 2018-4-1

掲載