ダイヤ改正で“うずしお”の運用に変化

ダイヤ改正で“うずしお”の運用に変化

JR四国では,2018(平成30)年3月17日(土)に,ダイヤ改正が実施され,運転時刻の変更に加え,車両運用等の変更も合わせて実施されました.高徳線では,新形特急気動車2600系の運用変更にともない,これまでキハ185系が充当されていた,特急“うずしお”8号に,2600系が充当されるようになりました.これにより,屋島駅でのキハ185系同士の交換風景(“うずしお”7号・8号の交換)が消滅し,新たにキハ185系と,2600系の交換(改正後は“うずしお”9号・8号の交換)が見られるようになりました.

写真:屋島にて 2018-3-27

掲載

鉄道ファン2019年2月号