ニューシャトルで駅ナンバリングおよび多国語表記を導入

ニューシャトルで駅ナンバリングおよび多国語表記を導入

埼玉新都市交通(ニューシャトル)では,外国人乗客も安心して利用できるよう,駅ナンバリングをはじめとした取組みが行なわれています.2018(平成30)年3月19日(月)から,LED表示器のある車両については,行先表示および車内案内表示を英語併記とし,全車両の車内放送は英語併用となっています.
 また,2018(平成30)年3月23日(金)からは,駅ナンバリング全13駅の駅名標に,ナンバー表記(NEW SHUTTLEの頭文字,NとSを組み合わせ,01(大宮)から順に13(内宿)までの連番表記)と,3ヵ国語(英語・中国語・韓国語)表記が導入されています.大宮と鉄道博物館では,運賃表にも実施されます.なお車両に関する取組は3月19日(月)から,駅ナンバリングは3月23日(金)から,順次導入されています.

写真:丸山にて 2018-3-23

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)