「近江の地酒電車」 が代走車両で運転される

「近江の地酒電車」 が代走車両で運転される

近江鉄道では,2018(平成30)年3月11日(日),冬季限定のイベント電車として,バスと「近江の地酒電車 」が初コラボした企画『酒蔵見学と近江の地酒電車ツアー』にともない,「近江の地酒電車」が,八日市12:34発→尼子12:57着,13:30発→八日市13:53着の経路で運転されました.
 「近江の地酒電車」には,通常,鉄道むすめ「豊郷あかね」のラッピングが施された800形807編成が使用され「近江の地酒電車」と書かれたヘッドマークが掲出されますが,この日は800形804編成が使用され,ヘッドマークの掲出もありませんでした.
 何らかの事情により800形807編成が使用できなくなったものと思われますが,「近江の地酒電車」が,800形807編成以外の代走車両で運転されたのは,今回が初めてのことと思われます.

写真:八日市にて 2018-3-11

掲載

鉄道ファン2018年11月号