JR東日本保存の電気機関車2両が,国の重要文化財に指定される

ED40 10号機

ED40 10号機

ED16 1号機

ED16 1号機

公益財団法人東日本鉄道文化財団は,鉄道博物館で展示中の電気機関車ED40 10号機と,青梅鉄道公園で展示中の電気機関車ED16 1号機が,2018(平成30)年3月9日の文化庁の文化審議会答申を受け,国の重要文化財(美術工芸品)に指定されたと発表した.
 ED40 10号機は全長9.8mで,1921(大正10)年に鉄道省大宮工場で製造された,当時の信越本線横川—軽井沢間の急勾配区間用の電気機関車.国鉄最初の本線用国産電気機関車でもある.
 ED16 1号機は全長15.4mで,1931(昭和6)年に三菱造船神戸造船所で製造された.鉄道省が小形の勾配線・貨物列車用電気機関車として民間と共同設計したもので,後の電気機関車国産化の基礎を築いた形式である.
 重要文化財としてJR東日本所有の収蔵物が指定されるのは,1997(平成9)年の1号機関車(150形式),2003(平成15)年指定の鉄道古文書(非公開),2003(平成15)年指定の1号御料車(初代)・東京駅丸ノ内本屋,2017(平成29)年指定のナデ6141号電車に続くものとなる.

写真はいずれも鉄道博物館提供

ご案内:鉄道博物館ニュースリリース(PDFファイル)

掲載

鉄道ファン2018年8月号