JR北海道・JR東日本,「北海道&東日本パス」「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」発売

JR北海道とJR東日本では,春・夏・冬の長期休暇を中心に,北海道・東日本エリアの普通列車が乗り放題となる「北海道&東日本パス」を発売します.
 あわせて今回は,北海道命名150年を記念して,「北海道&東日本パス」と組み合わせて利用することで,北海道新幹線の立席(空席)と,北海道内の特急列車の普通車自由席が1日間乗り放題となる「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」を春季期間限定で発売します.

■北海道&東日本パス
 JR北海道・JR東日本の普通列車が,連続する7日間,乗り放題のきっぷです.
発売期間 ●春季...2018(平成30)年2月20日(火)〜4月16日(月)
●夏季...2018(平成30)年6月20日(水)~9月24日(月休)
●冬季...2018(平成30)年12月1日(土)~2019(平成31)年1月4日(金)
利用期間 ●春季...2018(平成30)年3月1日(木)~4月22日(日)
●夏季...2018(平成30)年7月1日(日)~9月30日(日)
●冬季...2018(平成30)年12月10日(月)~2019(平成31)年1月10日(木)
発売価格 大人10850円,小児5420円
有効期間 7日間
発売場所 ●JR北海道・JR東日本のおもな駅,旅行センター
●おもな旅行会社
内容 ■利用可能路線など
●JR北海道線・JR東日本線・青い森鉄道線・IGRいわて銀河鉄道線・北越急行線の普通・快速列車の普通車自由席,BRT(バス高速輸送システム)が乗り降り自由です.
●特例として,以下の区間は特急・急行列車の普通車自由席が利用できます.
・奥羽本線(青森—新青森間),石勝線(新得—新夕張間)
※利用条件についての詳細は,JR北海道ニュースリリース(PDFファイル)をご覧ください.
■特急列車(新幹線を含む)の利用について
●「北海道&東日本パス」とは別に運賃および料金が必要となります.ただし,北海道新幹線内(新函館北斗—新青森間)の相互発着の場合に限り,別途特定特急券を購入すると立席(空席)が利用可能です.
■乗車日が翌日にまたがる利用について
●乗車した列車が0時を過ぎて,最初に停車する駅まで有効です.ただし,東京近郊の電車特定区間内については,終電車まで利用可能です.
※電車特定区間の詳細については,「JR時刻表」をご覧ください.
■北海道&東日本パス北海道線特急オプション券
 「北海道&東日本パス」の春季発売分に限り,同パスと組み合わせて利用することで,北海道新幹線の立席(空席)と北海道内の特急列車の普通車自由席が1日間乗り放題となるきっぷです.
発売期間 2018(平成30)年2月20日(火)~4月22日(日)
利用期間 2018(平成30)年3月1日(木)~4月22日(日)
販売価格 大人6000円,小児3000円
有効期間 1日間
発売場所 ●JR北海道・JR東日本のおもな駅,旅行センター
●おもな旅行会社
内容 ■利用可能路線など
●有効な「北海道&東日本パス」と組み合わせて利用することで,北海道新幹線の新函館北斗—新青森間の立席(空席)と,北海道内の在来線の特急列車の普通車自由席が乗り降り自由です.
●1枚の「北海道&東日本パス」に対して組み合わせる枚数に制限はありません.
■新幹線の乗り越しなどについて
●北海道新幹線(新函館北斗—新青森間)以外の区間にまたがって,新幹線に乗車する場合には,新幹線乗車全区間の運賃および料金が必要です.
※同一列車での乗車のほか,別の列車へ改札内で乗り継ぎすることによって,区間をまたがって乗車する場合も,新幹線乗車全区間の運賃および料金が必要です.
●普通車指定席,グリーン車指定席,グランクラスをご利用になる場合は,乗車区間の特急料金,グリーン料金などのほか,運賃が必要です.
■共通注意事項など
●各種割引の併用はできません.
●払戻しは,未使用で有効期間内に限ります(要手数料).
●列車の運休や遅れによる払戻しはできません.
●きっぷを紛失された場合,改めてきっぷをお買い求めください.なお,紛失したきっぷが発見された場合でも,きっぷの払戻しはできません.
ご案内 「北海道&東日本パス」・「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」の発売について(JR北海道ニュースリリース,PDFファイル)
掲載

鉄道ファン2018年8月号