熊本駅,3月17日から在来線ホームを全面高架化

熊本駅,3月17日から在来線ホームを全面高架化

JR九州では,2001(平成13)年から熊本県と共同で進めてきた熊本駅付近の連続立体交差事業について,2018(平成30)年3月17日(土)の始発列車から熊本駅在来線の全高架ホームの供用を開始すると発表した.
 4番から6番のりばについては,2015(平成27)年3月に先行開業していたが,今回1番から3番のりばの工事完成により,すべてのホームが高架ホームとなる.また今回の高架化により,0番Aおよび0番Bのりばは廃止となる.
 あわせて,鹿児島本線・豊肥本線約1kmの高架化により,先行開業区間13ヵ所に加え,今回新たに2ヵ所の踏切が廃止される.なお,3月17日(土)には,熊本県,熊本市と共催で開業式典が開催される予定.

写真:JR九州のニュースリリースから