新津製の東急2020系が甲種輸送される

新津製の東急2020系が甲種輸送される

総合車両製作所新津事業所で製造された東急田園都市線向けの新形車両2020系2122編成が,2018(平成30)年2月5日(月)から7日(水)にかけて,新津→長津田間(信越本線・上越線・高崎線・武蔵野線・中央本線・横浜線経由)で甲種輸送されました.
 新津→新潟貨物ターミナル間は東新潟機関区所属のDE10 3506が,新潟貨物ターミナル→高崎(操)間は高崎機関区所属のEH200-9が,高崎(操)→八王子間は新鶴見機関区所属のEF65 2138が,八王子→長津田間は新鶴見機関区所属のDE10 1749が,それぞれけん引しました.

写真:さつき野—荻川間にて 2018-2-5

掲載