団体臨時列車『いちご王国とちぎ号』運転

団体臨時列車『いちご王国とちぎ号』運転

栃木県では,いちごの生産量が50年連続日本一として,『いちご王国プロモーション』が行なわれています.これにあわせ,2018(平成30)年2月3日(土),大宮総合車両センター所属の253系1000番台を使用した団体臨時列車『いちご王国とちぎ号』が,新宿—宇都宮間で運転されました.3日(土)は,OM-N01編成が使用され,前面表示器は「団体」表示でした.また,この列車は2月10日(土)にも運転される予定です.

写真:東大宮—蓮田間にて 2018-2-3
投稿:舛掛 尚則