日本信号,タイ・バンコクレッドラインの信号システムを受注

日本信号,タイ・バンコクレッドラインの信号システムを受注

日本信号は,三菱重工業からタイ国鉄のバンコクレッドライン信号システムを受注したと発表した.
 バンコクレッドラインプロジェクトは,タイ政府が進める大規模事業計画のひとつで,バンコク市中心部のBang Sue(バンスー)駅を起点とし,北へ26.4km,西へ14.6kmに延びる13駅・全線高架の鉄道路線を建設する計画.北への建設は日本政府からタイ政府へ供与される円借款,西への建設はタイ政府の自己資金により進められる.2020年完成予定で,将来の延伸も予定されている.
 日本信号では今回,運行管理装置,電子連動装置,自動列車防護装置(ETCS Lv.1),列車検知装置を納入した.このプロジェクトは自動列車防護装置として,ETCS Lv.1(European Train Control System Level1)の要求があり,同社ではETCSを含めたトータルでの信号システムとして統合を行なう.

写真:バンコクレッドライン建設現場(日本信号のニュースリリースから)

2018年2月2日掲載