養老鉄道で伊勢神宮初詣臨時列車運転

access_time
2018年1月22日掲載
養老鉄道で伊勢神宮初詣臨時列車運転

養老鉄道では,2018(平成30年)1月の特定日に伊勢神宮初詣臨時列車が大垣—桑名間で運転されています.
 21日(日)は沿線自治体の貸切列車としての運転で,往路(大垣→桑名)は624編成(3両)が充当され,前後に特殊系統板が掲出されました.
 なお,桑名から先は近鉄の団体臨時列車「あおぞらⅡ」に乗り換えて伊勢神宮へ向かう行程となっています.
 また,これに関連して一部定期列車で両数変更が行なわれ,桑名7:13発大垣行きは所定3両のところ,2両の606編成(ラビットカーリバイバル塗装・写真左)が充当されました.

写真:友江にて 2018-1-21
投稿:宇佐美 昭展