JR北海道,石北本線・釧網本線の一部で「スマホ定期券」サービスを開始

JR北海道,石北本線・釧網本線の一部で「スマホ定期券」サービスを開始

JR北海道では,2018年4月1日(日)から,石北本線・釧網本線の一部エリアを対象に,スマートフォンで予約・購入・乗車ができる「スマホ定期券」サービスを開始すると発表した.
 「スマホ定期券」サービスは,ウェルネット株式会社が提供するスマホアプリ「バスもり!」を活用し,利用者自身でアプリをダウンロードすることで利用することができる.また購入の際は,コンビニでの支払いのほか,クレジット決済であれば,購入から利用まで全てがスマホで完結するため,駅へ行かなくても,24時間いつでも,スマホ上の簡単な操作のみで定期券を購入できるようになる.
 定期券の対象券種は,通勤大人(1・3・6ヵ月),通学一般(1・3・6ヵ月),通学高校(1・3・6ヵ月)で,対象区間は石北本線の西留辺蘂—網走間および釧網本線の緑—網走間となる.
 定期券利用時は,乗降時に上記定期券の内容をスマホに表示させ,係員に提示する.定期券の表示画面には偽造防止のため,「スマホ定期券」の画面中央にある乗り物が右から左へスクロールする仕様になっており,一定期間経過後に乗り物の「色」が変化する仕組み.定期券は利用日から表示され,有効期間を過ぎるとスマホ画面上に表示されなくなる.
 なお,対象地域においては,北見・網走に2018(平成30)年5月ごろ(予定)に「指定席券売機」を設置する予定で,「指定席券売機」では「えきねっと」予約券の受取ができるほか,特急列車の指定席も購入可能となる(北見・網走に設置する「指定席券売機」はクレジットカード専用).

写真:「スマホ定期券」のイメージ(JR北海道のニュースリリースから)

掲載