EH800-11が吹田へ

EH800-11が吹田へ

JR貨物では,五稜郭機関区所属のEH800-11が,2018(平成30)年1月20日(土)から28日(日)までの間,京都府の京都鉄道博物館本館1階「車両の仕組み/車両工場」エリアで特別展示されるのを前に,2018(平成30)年1月14日(日)から15日(月)にかけて,五稜郭機関区から吹田機関区まで輸送されました.
 15日(月)には青森(信)から富山機関区所属のEF510-514号機がけん引する4076列車(米原(操)からは9076列車)の次位無動力で吹田機関区に輸送され,無動力ながら交流電気機関車が直流区間を走行するという珍しいシーンが展開されました.今後,EH800-11は近日中に,京都鉄道博物館へ向けて輸送されるものと思われます.
 なお,展示初日となる1月20日(土)には同博物館館内に入線するシーンの公開や,オリジナルヘッドマークの掲出などが予定されており,EH800形交流電気機関車特別展示にあわせて,さまざまな関連イベントが開催される予定となっています.

写真:島本—高槻間にて 2018-1-15

掲載