鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東日本,日光線で車内アナウンス内容の文字配信試験を実施

JR東日本205系600番台

JR東日本では,情報提供手段を充実させるため,車内でのアナウンスの内容を,乗客のスマートフォンへ文字として配信する「放送案内アプリ」を開発し,日光線(宇都宮駅—日光駅間)において配信試験を行なうと発表した.
 これまでの音声による車内アナウンスでは,聞き逃しやほかの国の言語で案内ができないといった課題があったが,今回実証試験を行なう「放送案内アプリ」は,乗務員の音声アナウンスを乗務員用タブレットで認識し,文字化した情報を,その列車の乗客のスマートフォンへ,インターネット経由で配信する仕組となっている.システムの利用には,あらかじめアプリをダウンロードし,乗車中にアプリを起動することによって,音声アナウンスに続き文字による情報が配信される.
 試験期間は,2017(平成29)年は1月9日(火)から2月15日(木)までで,列車走行中の環境下での本システムの正確性や安定性について検証するほか,「放送案内アプリ」の利用者には,車内にてアンケート調査を行ない,その評価などをもとに,今後の実用性について検討していく.
 なお配信試験は,下り(日光方面)が9時から16時,上り(宇都宮方面)10時から17時に走行する車両のうち,「放送案内アプリ」の中づり広告のある列車(1編成のみ)にて利用できる.

写真:JR東日本205系600番台  編集部撮影  宇都宮運転所にて  2013-1-15(取材協力:JR東日本)

写真はイメージです.

このページを
シェアする