養老鉄道「ご当地駅名標」を設置

養老鉄道「ご当地駅名標」を設置

養老線では,2018(平成30)年1月1日(月祝)から,事業形態が変更され,養老鉄道が第二種鉄道事業者に,養老線管理機構がになって再スタートを切ります.これを記念して,養老線沿線の7市町の主要駅(計7駅)について.各市町の特徴などをかたどった駅名標が設置されます.

設置開始日 2018(平成30)年1月1日(月祝)から
設置駅 大垣駅,揖斐駅,池野駅,広神戸駅,養老駅,駒野駅,多度駅
デザイン・仕様 ●デザインコンセプト
・沿線7市町の特徴などをかたどり,地域の方に親しみを持っていただくとともに,観光客の方にも記念撮影などを楽しめるデザインとなっています.
・一般的な形状である四角形でない特殊な形状をした駅名標は,全国的にもほとんど例がありません.
●大垣駅(大垣市:大垣城)
 関ヶ原の戦いで,西軍の拠点となった大垣城をイメージしたデザイン.
●揖斐駅(揖斐川町:鮎)
 町内に河川敷のある揖斐川の名物,鮎をイメージしたデザイン.
●広神戸駅(神戸町:バラ)
 駅の地元神戸町が「バラの町」として有名であることにちなみ,バラをイメージしたデザイン.
●池野駅(池田町:池田山と桜)
 桜の名所として知られる池田山をイメージしたデザイン.
●養老駅(養老町:ひょうたん)
 養老地区に伝わる養老孝子伝説から,ひょうたんをイメージしたデザイン.
●駒野駅(海津市:南濃みかん)
 海津市名物の南濃みかんをイメージしたデザイン.
●多度駅(多度町:多度大社)
 境内に神馬がおり,毎年5月に開催される上げ馬神事などで有名な多度大社の馬をイメージしたデザイン.
ご案内 養老線の事業形態変更記念事業の実施について(養老鉄道ニュースリリース)
掲載

鉄道ファン2018年7月号