京都市営地下鉄の優先座席エリアがリニューアルされる

京都市営地下鉄の優先座席エリアがリニューアルされる

京都市交通局では,市営地下鉄2路線で運行されている全37編成について,2017(平成29)年10月下旬から2018(平成30)年3月末までの期間で優先座席エリアのリニューアルを進めています.
 床面に日英中韓4か国語で優先座席エリアであることを示す表示を追加,つり手の高さが変更され,色がオレンジ色となるとともに上部つかみ手部には日英中韓4ヵ国語による優先座席エリアの表示が施されています.
 また,東西線用50系では,これまで対角線上の車端2ヵ所に設けられていた優先座席を六地蔵方車端にまとめる変更があわせて行なわれます.優先座席エリアのリニューアルを行なった車両では,旅客用ドア端に黄色の注意ラベルも追加されています.

写真:10系車内(国際会館—松ヶ崎間)にて 2017-12-11

掲載

鉄道ファン2019年3月号