×

相鉄・JR直通線の新駅名称は「羽沢横浜国大」駅

「羽沢横浜国大」駅の外観

画像:時間の経過と共に醸成するデザイン「羽沢横浜国大」駅の外観

「羽沢横浜国大」駅の内観

画像:「羽沢横浜国大」駅の内観

相模鉄道では,相鉄・JR直通線で新設される羽沢駅(仮称)の名称について,「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」駅に決定したと発表した.
 2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線は,相鉄本線西谷駅からJR東海道貨物線横浜羽沢駅(貨物駅)付近間に連絡線(約2.7km)を新設するもの.この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を実施する予定で,この直通線開業にあわせて,同駅は横浜市神奈川区羽沢南2丁目に新設される.
 駅名については,地域住民の意見なども含めて検討を重ねた結果,今後,新駅が設置される羽沢(はざわ)地区の住民および南東に位置する横浜国立大学とともに沿線価値の向上を目指していくという想いを込め,町名である「羽沢」と,同駅周辺に立地する「横浜国大」を併記するこの駅名を選定した.
 駅舎のデザインは,「安全×安心×エレガント」をコンセプトとしている.
 また,相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」にもとづき,キーマテリアルである「鉄」・「レンガ」・「ガラス」などを用いてデザイン性を向上させるとともに,キーカラーである「ダークグレー」を使う事で案内サインなどの視認性向上を図る.
 駅構造は,相対式ホーム2面2線で,駅設備として改札口(1ヵ所),エレベータ(2基),エスカレータ(4基)のほか,ホームドアも整備される.また,駅ナンバリングは「SO51」となる.
 なお,2022年度下期(予定)には,同駅から新横浜駅を経由して,東急東横線・目黒線日吉駅までの相鉄・東急直通線(約10.0km)が完成し,東急線とも相互直通運転が開始される.これにより,乗換回数の減少や相鉄線沿線から東京都心部までの速達性向上,新幹線駅アクセスの向上などが図られる.

画像:相鉄グループニュースリリース(PDFファイル)から