京都市営地下鉄,大晦日の終夜運転など年末年始の運転計画を発表

京都市交通局 50系

京都市交通局では,年末年始の地下鉄の運転計画について発表した.
 2017(平成29)年12月30日(土)から2018(平成30)年1月3日(水)までの間は,土曜・休日ダイヤで運転する.
 大晦日から元日にかけての終夜運転については,烏丸線の国際会館行き(上り)・竹田行き(下り)ともそれぞれ14本,東西線の六地蔵行き(上り)・太秦天神川行き(下り)ともそれぞれ14本で,2線あわせて56本の列車を運行する.運行間隔は,2線とも概ね20分間隔(早朝時の一部列車は30分間隔)で運転する.なお,毎週金曜日に運転される地下鉄深夜便「コトキン・ライナー」については,12月29日(金)も通常どおり運転される.
 また,「市営地下鉄1dayフリーチケット」など,地下鉄で有効な一日乗車券については,12月31日(日)発行のものは当日始発から終夜運行(1月1日5時ごろ)まで有効,また1月1日(月祝)発行のものは,当日始発から終発(1月2日0時ごろ)まで有効となる.
 詳しくは京都市交通局WEBサイト「市バス・地下鉄 終夜運行についてのページ」および「市バス・地下鉄 年末年始ダイヤのページ」をご覧ください.

写真:京都市交通局50系  編集部撮影   醍醐車庫にて  1998-3-25(取材協力:京都市交通局)

掲載

鉄道ファン2018年9月号