JR秋田駅「ウッドデザイン賞2017」最優秀賞を受賞

JR秋田駅「ウッドデザイン賞2017」最優秀賞を受賞
JR秋田駅「ウッドデザイン賞2017」最優秀賞を受賞

JR東日本秋田支社は,秋田県・秋田市および地域と連携して取り組み,2017(平成29)年4月1日(土)にグランドオープンしたJR秋田駅およびJR秋田西口駐車場ビルが,「ウッドデザイン賞2017」最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞したと発表した.
 このプロジェクトは,JR秋田駅を中心とした中心市街地において,周辺施設の木材活用の動きに協調し,行政・大学・地元企業が連携して,駅,自由通路,待合ラウンジなどを県産材による統一したデザインで木質化するというもので,観光客に対しては林業県の秋田らしさを体感してもらい,地元住民に対しては,居心地の良さから訪れたくなる場所の創出を目指した.
 「民間事業者,行政,大学が連携し,地域材活用を軸にした多面的な取組みを実施しながら,木に囲まれ,木を楽しみ,木に癒される場づくりを高いレベルで実現しており,集客効果にも寄与している点や,これらの取組みを消費者視点による木づかいという,ウッドデザイン賞の趣旨に最も適うものである」と評価され,最優秀賞に選ばれた.また,利便性と快適さを備えた待合ラウンジ,地域の材と技を駆使した美しく機能的な家具群,工事段階から木質化の魅力を見える化した学生のアートプログラムなど,各プログラムが細部にわたって綿密にデザインされている点が秀逸であることも評価されている.

写真:JR東日本秋田支社のニュースリリースから(撮影:淺川 敏)

掲載

鉄道ファン2018年9月号