JR東日本,東北本線黒磯駅構内を1月3日から完全直流化

JR東日本,東北本線黒磯駅構内の直流化工事を1月1日〜3日に実施

JR東日本では,東北本線黒磯駅で進めている電気設備改良工事について,2018(平成30)年1月1日(月)未明から3日(水)早朝時間帯にかけて切換工事を実施すると発表した.
 1959(昭和34)年に,首都圏からの直流電化と,東北方面の交流電化の結節点となった東北本線黒磯駅では,その切換を地上で行う方式を採用した.駅構内の架線は直流と交流を切り換える特殊な設備であり,難しい保守管理が課題となっていた.このため,設備の簡素化を行ない,保守管理の課題解消を目的として,2013(平成25)年から駅構内部分の直流化工事に着手し,今回の切換工事により,駅構内はすべて直流電化となる.
 この切換工事にともない,早朝時間帯では1月1日(月)の始発から7時ごろまでと,2日(火),3日(水)の始発から7時30分ごろまで,那須塩原—黒磯—新白河間を運休とし,バスによる代行輸送を実施するほか,那須塩原駅では,宇都宮方面への折返し運転を行なう.なお,白河—新白河間は,白河発上り始発列車のみ運休とし,バスで代行する.
 深夜時間帯では1月1日(月),2日(火)に矢板—黒磯—白河間の下り最終列車を運休とし,宇都宮方面からの黒磯駅行き最終列車は矢板止まりとなる.
 なお,切換工事終了後は,2015(平成27)年5月から実施していた毎週月曜日の黒磯駅(5:27)始発の列車の区間運休とバス代行輸送を終了し,通常どおり黒磯始発で列車を運転する.

画像はJR東日本のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年6月号