東武70000系71704編成が甲種輸送される

東武70000系71704編成が甲種輸送される

大阪府東大阪市の近畿車輌で製造された,東武鉄道70000系の4編成目となる71704編成が,2017(平成29)年11月25日(土)から翌26日(日)にかけて,徳庵から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送されました.
 しばらくの間,70000系との共通仕様車である東京地下鉄(東京メトロ)13000系の出場が続いていたため,2017年3月11日(土)に出場した71703編成以来,およそ8ヵ月ぶりの出場となりました.
 けん引機は,徳庵から吹田貨物ターミナルまでは岡山機関区所属のDE10 1750が,吹田貨物ターミナルから横浜羽沢までは新鶴見機関区所属のEF65 2101が,横浜羽沢から熊谷貨物ターミナルまでは新鶴見機関区所属のEF65 2081が,それぞれ担当しました.

写真:鴫野—吹田貨物ターミナル駅間にて 2017-11-25

掲載