「East i-D」が小海線を2両編成で検測

「East i-D」が小海線を2両編成で検測

2017(平成29)年11月24日(金),JR東日本秋田車両センター所属のキヤE193系「East i-D」が,キヤE193-1+キクヤE193-1の2両編成で小海線の検測を行ないました.
 なお,同日,勝田車両センター所属のE491系「East i-E」が,しなの鉄道を検測しました.

写真:甲斐小泉—小淵沢間にて 2017-11-24

掲載

鉄道ファン2019年3月号