長良川鉄道,観光列車「ながら」に3両目「川風(かわかぜ)」を導入

「川風」外観

長良川鉄道では,2016(平成28)年4月から運行を開始した観光列車「ながら」に,3両目となる「川風(かわかぜ)」を2018年4月に導入すると発表した.
 観光列車「ながら」は現在,全列車予約制で,通常運賃に整理券(300円)で乗車できる森号(1号車)と,車内で沿線のホテルや飲食店が提供する料理が楽しめる鮎号(2号車)の2両で美濃太田—郡上八幡(森号は北濃)間を運行しているが,運行開始当初から行楽シーズンなどは予約が満席の状況が続いており,多くの方に観光列車「ながら」の旅を楽しんでもらうため,3両目の導入が決定した.

「川風」内装

 車両デザインは森号・鮎号と同じくドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治氏が担当し,森号・鮎号にあわせたロイヤルレッドとした外観となる予定.また内装は白のレザーを使ったロングシート(一部ソファタイプ)とし,通勤通学の時間帯も通常列車として使用するほか,昼間は観光列車(レストランカー)として,テーブル(26名分)を設置できるようにする.
 また改装費用の一部は,2017(平成29)年12月1日(金)から,岐阜県美濃加茂市のクラウドファインディングWEBサイト「FAAVO美濃國」で募集する.

画像:ともに長良川鉄道WEBサイトから

掲載

鉄道ファン2018年6月号