東武,12月3日から東上線新河岸駅新駅舎の供用を開始

新河岸駅 旧駅舎

写真:新河岸駅 旧駅舎

新河岸駅東口 新駅舎(外観)

写真:新河岸駅東口 新駅舎(外観)

新河岸駅西口 新駅舎(外観)

写真:新河岸駅西口 新駅舎(外観)

東武鉄道では,埼玉県川越市と共同で,2016(平成28)年1月から東上線新河岸駅の自由通路整備および橋上駅舎整備工事を進めていたが,2017(平成29)年12月3日(日)の始発列車から新駅舎の供用を開始すると発表した.
 この計画は「東武グループ中期経営計画2017~2020」における質の高い輸送サービスのレベルアップに向けた快適性・利便性の向上の一環として推進するもので,東西自由通路および橋上駅舎の使用開始により,これまで改札口の無かった駅東口からのアクセス向上が図られるほか,東西の行き来が便利となる.

新河岸駅 駅コンコース(内観)

写真:新河岸駅 駅コンコース(内観)

新河岸駅 東西自由通路(内観)

写真:新河岸駅 東西自由通路(内観)

新河岸駅 駅コンコース(壁面緑化・意匠照明)

写真:新河岸駅 駅コンコース(壁面緑化・意匠照明)

 今回整備した自由通路および橋上駅舎は,鉄骨造り2階建てで,駅事務室や男女多機能トイレなどを備えている.駅舎外観は,地元の方に親しまれることを願い,地域の歴史・伝統・文化と自然を尊重して,江戸時代から昭和初期まで盛んだった新河岸川の舟運(しゅううん)の面影を残した元舟問屋の印象を取り入れている.駅コンコース内には,快適性の向上施策として豊かな自然を享受させる「壁面緑化整備」,新河岸川をなぞらえた地域の歴史・伝統を享受させる「意匠照明整備」,これらの効果を向上させる「アロマディフューザー整備」を取り入れ,快適性の向上に努めている.

写真:すべて東武鉄道ニュースリリース(PDFファイル)から