キハ66+キハ67による団臨運転

access_time
2017年11月24日掲載
キハ66+キハ67による団臨運転

JR九州では,2017(平成29)年11月23日(木祝),佐世保車両センター所属のキハ66-110+キハ67-110(国鉄急行色)を使用した団体臨時列車が,鹿児島本線門司港→博多間で運転されました.
 これは,旅行会社のクラブツーリズムが企画した1泊2日のツアー『JR九州30周年×ひとり旅20周年』の九州内での移動手段のひとつとして運転されたものです.なお,下り方の先頭キハ66-110運転席の窓下には,急行“ひかり”を模したオリジナルのヘッドマークが取り付けられました.

写真:千鳥—古賀間にて 2017-11-23
投稿:花村 隆広