西武,2018年春に有料座席指定列車「拝島ライナー」導入

西武鉄道40000系

写真:西武鉄道40000系  編集部撮影  小手指車両基地にて  2017-2-13(取材協力:西武鉄道)

西武,2018年春に有料座席指定列車「拝島ライナー」導入

「拝島ライナー」のロゴ(西武鉄道のニュースリリースから)

西武鉄道では,2018(平成30)年春から,西武新宿→拝島間の夕方・夜間の下り列車限定で,有料座席指定列車「拝島ライナー」を導入すると発表した.
 使用車両は,鉄道車両で初めてのキッズデザイン賞「内閣総理大臣賞(最優秀賞)」を受賞した40000系車両を使用し,全席座席指定でゆったり座れる快適な着席サービスを提供する.
 愛称の「拝島ライナー」は,拝島線利用者に座席指定列車であることを分かりやすく表現した.ロゴは,拝島(Haijima)の頭文字である「H」の文字を座席に見立て,全席座席指定で必ず座れる快適な着席サービスであることを分かりやすく表現している.また,拝島線沿線にあふれる緑をイメージした「グリーン」,沿線を流れる玉川上水の水の流れをイメージした「ブルー」の2色で拝島ライナーの走行する区間を表し,文字の「ダークグレー」は自然豊かな拝島線沿線とビジネス拠点の都心を結ぶスマートな印象を,ゆるやかな斜体の文字は心地よいスピード感を表現している.
 なお,「拝島ライナー」の料金,停車駅,運転時刻などは,詳細が決定次第,発表される.

ご案内:西武鉄道ニュースリリース(PDFファイル)から

掲載

鉄道ファン2018年10月号